炎症止め薬の作用原理

誰もが一度は何らかの炎症や自身状況の不調などでお世話になることがある薬・・・一番身近で使用されるのが「炎症止め薬」私はこれまで頭痛や指関節炎症、関節炎症、歯の痛みまで炎症止め薬のお世話になった経験が多々あります長期間の服用はないですが人によってはなかなか手放せないって方もいらっしゃると思います、本文は炎症止め薬の副作用と作用原理について紹介します。

炎症止め薬は血管を開く物質の生産を阻害する薬なので、血管を閉じるように働きかけます。患部に押し寄せる血流と痛み物質が止められるので、痛み自体は一時的に治まります。しかし、血流を止めているので、壊れた組織の修復も止めてしまいます。

炎症止め薬は、湿布薬にも使われているので、血流を止めるから体を冷やします。痛み物質の生成を抑えた上に冷やせば、痛みを感じなくなりますが、同時に体が治そうという反応も止めてしまいます。したがって、疲労回復も細胞組織の修復もできなくなります。結果として、根本的に治ることができなくなるのです。これが、炎症止め薬の本当の効能です。

全身に及ぶ炎症止め薬の副作用

さらに、腰痛、膝痛など各種痛みの治療として処方された炎症止め薬は、血流の抑制という形で働きますが、同時に全身にも影響を及ぼします。炎症止め薬は、体の中に吸収されて全身に回るので、全身の血流が抑制され、血管を閉じ、血圧が上がります。この状態は、1週間とか2週間ぐらい続くだけなら大丈夫ですが、1ヶ月、半年と長期に渡って続くと、強い交感神経緊張症状が発生します。高血圧や不眠などの症状が出るのはこのためです。他にも、肥満のある人なら、糖代謝が上がって糖尿病の発症のリスクが高まります。

炎症止め薬の副作用の連鎖で増える薬

交感神経は、副交感神経とメリハリのあるリズムでバランスよく交替していれば、元気を出せる状態です。しかし、ずっと交感神経が緊張したまま固定すると、いつも疲れているという状態になり、1日中具合が悪いという結果になってしまいます。すると、さまざまな不定愁訴が現れるので、症状ごとに薬が出され、薬漬け医療がはじまります。高血圧になれば降圧剤、不眠の人には睡眠薬、疲れて常に不安な人には抗不安薬、糖尿病の人には経口糖尿薬と、次々に薬の処方箋が増えていきます。

♠ 人気がある痛み止め薬を登場

 

コビックスは痛みだけでなく、炎症をしずめ腫れ・発赤などの症状を軽減する効果がある鎮痛剤です。1988年にアメリカのアメリカ食品医薬品局(FDA)から認可を得てから現在に至るまで、100ヶ国以上で販売されているセレコックスという薬のジェネリック医薬品になります。

 

 

ナプロシンは、対症療法の消炎・鎮痛・解熱剤として、炎症を鎮め腫れや発赤・痛みなどを緩和させ熱を下げる作用も持っており、腰痛・頸肩腕痛・関節痛・歯科の鎮痛・痛風発作などに利用されています。

 

体の不快感を解消方法:世界初めてのバイアグラ情報サイト