今、よく使われている抗炎症薬の効果はどう?

抗炎症薬とは
抗炎症薬とは、その名の通り、炎症を抑制する医薬品です。炎症は異物の侵入や組織の障害で免疫系による局所的な防御反応で、人体の正常な反応です。炎症反応そのものは生体にとって保護作用がありますけど、しかし、炎症が過剰になると、自分自身の組織を傷つけてしまいますが、また発赤、発熱、腫脹、疼痛、機能障害などの症状も現れてくることができます。抗炎症薬は過剰の炎症反応を抑えるとともに、炎症によって起こる発赤、発熱、腫脹、疼痛などの症状を改善することできますから、解熱鎮痛剤とも呼ばれています。

抗炎症薬の効果
抗炎症薬は主にステロイド系抗炎症薬と非ステロイド系抗炎症薬という二種類があります。ステロイド系抗炎症薬は強力な炎症抑制効果があり、副作用も強いです。非ステロイド系抗炎症薬はNSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)ともいい、ステロイド系抗炎症薬と比べて、強い抗炎症効果や鎮痛効果はありませんけど、副作用も少ないと認められています。

それで、今、よく使われている抗炎症薬は非ステロイド系抗炎症薬の酸性抗炎症薬です。酸性抗炎症薬はアラキドン酸からプロスタグランジンを合成する酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによってケミカルメディエーターの一種であるロイコトリエンやプロスタグランジンの合成を阻害することで、、炎症が起きるのを抑制する効果に実現します。