抗炎症薬は常備薬としてよく使われていますか?

抗炎症薬とは
抗炎症薬とは、炎症を抑える医薬品です。炎症は異物の侵入や組織の障害といった生体組織にとって好ましくない刺激が発生した時に免疫系に起こる局所的な防御反応です。その防御反応は生体は非自己の排除を助ける正常な反応ですけど、過度の反応は生体そのものに損傷をもたらすことができます。それで、この炎症のデメリットを抑制する抗炎症薬の使用は必要です。

抗炎症薬の種類と効果
抗炎症薬の種類というと、だいたいステロイド系抗炎症薬と非ステロイド系抗炎症薬という二種類があります。ステロイド系抗炎症薬は副腎皮質ホルモンの糖質コルチコイド、合成糖質コルチコイドを含んで、抗炎症効果が強いと認められています。それとともに、副作用も強い、例えば、免疫抑制作用や副腎萎縮、胃腸障害、白内障、緑内障、ムーンフェイスなどの副作用があります。

ステロイド系抗炎症薬はひどい副作用を持つため、あまり使われていません。今よく用いられている抗炎症薬は非ステロイド系抗炎症薬です。非ステロイド系抗炎症薬の作用機序について、非ステロイド系抗炎症薬は炎症部位で放出され、体の発熱を促したり、痛みを増大させたりするプロスタグランジン(PG)という物質の働きを抑制することができます。それで、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果があります。