炎症のメカニズム

炎症のメカニズム危険信号に人体が反応して炎症が始まる

炎症は、廃棄物や体内死亡した細胞を排除して生体健康の維持性を守るという反応と考えられます。例えば細菌やウイルスが自体の中に侵入しようとした場合に、色々な細胞などの生体内物質がその排除に働いた結果が炎症性反応です。それらの反応の中には、予め体の中に用意されている直ちに働く物質による反応と、やや時間をかけて一旦その異物の構成物質を解析してから強力に攻撃する時に後から作られる物質による反応があります。
前者の反応が開始するのに重要な物質として、ヒトには存在しない細菌やウイルスの構成物質を認識するセンサーが、あらかじめ体の中に存在することが、最近になって分かってきました。
そのセンサ-が感知する細菌やウイルスの構成物質による刺激のことをDanger Signalと呼んでいます。細菌やウイルスが体の中に侵入すると、そのセンサーが感知し防御反応が始まるのです。
なお、細菌やウイルスの構成物質のことをPAMPs(pathogen-associated molecular patterns; 病原体関連分子パターン)、またPAMPsを認識するセンサーのことをPRRs (pattern-recognition receptors:パターン認識受容体)と総称しています。
後者の、やや時間をかけて起こる反応は、いわゆる免疫反応(獲得免疫反応)です。この反応で異物を排除する物質としては、抗体(特に抗原特異性が高い効率的に攻撃できるタイプの抗体)などが良く知られています。なお、この獲得免疫反応は、しばしば炎症と分けて説明されることが多いかと思いますが、病気と関係する獲得免疫反応は、炎症反応の一種と考えると理解しやすいと思います。