どんなときに“抗生炎症薬”と接する機会がありますか?

湿疹・皮膚炎にも 「抗生炎症薬」は使うものなの?みなさんは、どんなときに“抗生炎症薬”と接する機会がありますか?

おそらく、多数の方は「呼吸器系の炎症性の病気をひいたときに処方される薬」とお考えになるのではないでしょうか。このように、一般的には飲み薬としてのイメージが先行している抗生炎症薬ですが、実は湿疹や皮膚炎の治療では、塗り薬としても使われます。

そもそも抗生炎症薬は、別名を「抗菌薬」と呼ばれていることから想像できるように、感染症の原因となる微生物の発育を阻害したり、死滅させたりする働きがあります。つまり、細菌が原因で起こる病気に対して、抗生炎症薬は効果を発揮するのです。もちろん、呼吸器系の炎症性の病気をひいたときに抗生炎症薬が処方されるのも同じ理由からです。

それでは、具体的に、湿疹・皮膚炎の治療で、抗生炎症薬がどのように用いられるのか、みていきましょう。

ご存じの通り、湿疹や皮膚炎にかゆみはつきもの。「かゆいから」とかいていると、次第にジュクジュクしてきたり、白いウミが出てきたり…。このようなかき壊してしまった傷口では、細菌が増殖しやすい状態になっています。そこで細菌によって更なる炎症が起こると、湿疹・皮膚炎は悪化してしまいます。

炎症を起こしている患部には、抗ヒスタミン剤など、ただ、かゆみを抑える働きだけの薬を使っても治りません。炎症の大本に作用するステロイド薬できちんと炎症を抑えることが必要ですが、ステロイドには免疫抑制作用があるので、逆に細菌の繁殖を助けてしまうことも…。そんなときには、細菌の増殖を防ぐ働きのある抗生炎症薬が配合されたステロイド薬が有効です。